ブログ アーカイブ

懸案解決 渡辺版吉野熊野FDC

昨年5月20日より9月9日に書きました渡辺版の川瀬巴水カシェの吉野熊野FDCに酷似したタイプ違いのカバーの素性が知れました。お二人から仮説での情報を頂いておりましたので、ここで纏めてみたいと思います。山崎好是氏からは、別紙のメールを貰いました。20180808_001

趣旨は、前田晃氏が制作数以上の注文が来たため、悪意でなく、オフセット版を作ったと読めるのです。渡辺版に関しては確かに切り抜りきカシェきのFDCは存在します。山崎氏の意見では、あたかも不足分を補うための切り抜きが存在する、つまり同じ種類のカバーに於いて、刷り込みと切り抜きが存在しているというご意見でしょうか。熊本展や赤十字募金が切り抜きカシェで有るのは確かです。でも、同時に刷り込みカシェは有るのでしょうか。

結論が意外と簡単に見つかりました。カバー研究会・宮崎清二氏著の「渡辺木版カバーリスト」に出ています。

20180808_003

昭和23.11.20の農婦2円・このカバーからカッシェをカバーに刷り込むことが可能になった、という記載です。つまりそれ以前は。全部(孔版の数字1.5円と3.8円は除く)切り抜きカシェであり、以降は刷り込みカシェで有って、並立しているのではないという意味でしょう。この点からも、吉野熊野の前田晃氏による、補充作成説は否定されると思います。

より強力な情報を、今関顕之氏が見つけてくれました。国会図書館に通って、郵楽会時報・11巻第4号の記事をくれたのです。

20180808_002

昭和24年7月28日発行なので、7月のトピックスは、吉野熊野のFDCに関する情報と見て良いでしょう。署名記事では無いのですが、内容から判断すれば、前田晃氏の筆によると思います。吉野熊野の酷似の偽カバーが、海外からもたらされていることを考えても、「抜け目のない切手商が・・作り始めた」物で、その昔に輸出された物の一部かなと思うのです。偽カバーの消印は、すべて真正です。白封筒のそれに、後年になって人気が出た、川瀬巴水のカシェに似せて、切り抜きカシェを後貼りしたという物ではないでしょう。同種の物は、吉野以外には発行日が接近した、24.5.5発行の、子供の日にのみ存在します。この紛い物は2回で終わったという事でしょう。自慢にはなりませんが集めてみるのも面白いと思います。

渡辺版の巴水と言えば、秋吉誠二郎氏が、立派な本を出されています。「版画家川瀬巴水と渡辺版初日カバー」です。古書のマーケットでも高く取引されるのですが、この本で気になっていたことが有りました。巴水の作品は全て網羅されていると聞いたのですが、2種が洩れて居るかも知れないのです。4回国体と長野平和博です。日本初日カバーしのび草から画像を載せて置きましょう。

20180808_00520180808_006

FDCの専門家と話をしても、この2種が巴水だろうという意見をよく聞きます。私もそうかな、と思っていたのです。前述の宮崎さんのカバーリストでは、長野平和博は巴水、4国水泳は大塚慶治になっています。

20180808_004

渡辺版のカシェ作家が誰であるかの確定証拠は、カバーに同封されたガリ刷りの解説書です。全てのカバーに入ってはいないので、その法則性は不明です。気になっていたので、折に触れて調べていたら、4国水泳は見つかりました。秋吉さんも宮崎さんも正しかったのです。大塚慶治で間違いありません。でも、長野平和博はどうでしょうか、秋吉さんは、巴水ではない、宮崎さんは巴水だと書いているのです。ガリ刷りの解説書を一生懸命集めているのが、貴重な資料を見つけてくれた、今関さんなので、既に手に入れられているかも知れません。今度会ったら聞いて見たいと思います。

下見開始とルールの厳格化のお知らせ

今回から、印刷の手順を変更しました。PDFでデータを印刷会社に送ることで、オールカラー化が可能になりました。みほん刷りの段階では有りますが、仕上がりも問題ないと思います。コストも大幅に削減できると思われます。作業手順の方も、現物を持ち出さずに、若い番号から写真版制作の作業が出来るので、下見準備も随分早く進みます。何時もよりも前倒しで準備完了できました。今回は、夏季休暇の関係で、10日~17日が休業になります。18日の土曜日の16時半までと21日火曜日の午後~24日の金曜日までしか、正規の下見の機会が無いのです。オークション誌の発送は9日ですが、それ以前でもダウンロードで、下見はして頂けます。4日の土曜日は、かなり混んでしまいますので、それ以外の平日のお越しを勧めます。

今回からは、オールカラーにしましたので、Webで全ての情報をご覧いただけます。その意味で、会員様にお届けしている、冊子とWebの情報には何の差もつかないのです。このやり方をすれば、年会費2000円のお支払いを拒否して、会員登録をせずに入札される方が、必ず何人か出て来ます。今までも若干名、その手法を取る方がおられますし、東京の下見会に来て、本を持ち帰り、確信的な非会員で入札されるケースも有りました。多少の不利益を与えても、便宜で受け付けていたのですが、今後は一切排除いたします。ビッドは会員登録を完了されて、締め切り時間内に届いた方の物のみを有効といたします。見本誌請求等で、間に合わないので、今回だけの便宜の受け付けも致しません。また、締め切り時間も厳守いたします。今回の場合は、フロアは8月24日(金)正午(郵便の場合は同じく午前9時)、メールは8月28日(火)午前9時必着です。今までは、何とか救済すべく努力をしておりましたが、不心得者の行為には何らの反省も見られません。オークショニアとしても、幾許かの売り上げ額の減少に見舞われるのですが、それを承知で、ルールを厳格に適応いたします。

余り嬉しい話では無いのですが、この数回、オークションの出品物の内、別封扱いの物が紛失しています。東京の下見会から戻った時点で、全品チェックをしていますので、それ以降のオークション及びバザール開催中の万引き行為が原因です。1度なら勘違い、2度なら偶然も有りますが、それ以上は必然の悪意での所業です。ある程度のめぼしは付いており、所轄の警察署にも被害届を出しております。今後もし現行犯で押さえれば、則刑事事件になるのです。被害額は極めて軽微なのですが、この事案は放置はできませんので、主催者としては厳格な措置を取らざるを得ません。物が欲しいのでなく、病気によるのでしょうが、やってはいけない行為です。下見場所での不自然な動きが有れば、主催者に耳打ちして頂ければ幸いです。

 

下見の日程と即売品

8月のセールの編集が完了です。まもなくWebに全てをUp致します。今回からオークション誌は、フロアもメールもオールカラーになりました。だから写真版の全てもUp出来るのです。下見の日程ですが、カレンダーの都合で、夏休みが入る為、平常よりもタイトになってしまいます。オークション誌の発送は、8月9日の木曜日です。10日の金曜日から17日の金曜日が夏休みで休業です。18日の土曜日は、東京下見の発送が有るので16時半まで、後は週明けの21日の火曜日が、東京戻りの荷解きが有るので午後から可能、22日水曜から24日の金曜が平常通りです。

Webでダウンロードしての下見は、8月3日の金曜~9日木曜(日・月除く)は可能です。出来るだけこの期間にお越しください。1日水曜はちょっと厳しく、2日木曜は電話でお問い合わせください。いつもと違う流れでやっているので、仕上がりのタイミングは読めないのです。

次回以降の出品物として、面白いロットを預かりました。岩手県水沢郵便局の書類です。基本的にはオークションへ出すのですが、それが不向きな物が有りました。珍品だけれど、同じ物が沢山ある、最初に出した物がスッ高い値段で落ちてしまって、続く物の扱いに困る、珍しい消印物なのです。明治37年~38年の特殊郵便送達證の束が有って、その一部が丸一珍印です。

20180728_001

鉄道継越係員東京静岡間の3行印・船内郵便青森室蘭線です。鮮明印で台もきれいな物を贅沢に選んで、それぞれ2点、合わせて4点を1ロットで販売いたします。画像の物は一番きれいなのですが、他の物もそれ程は差は無いと思います。10組は確保しています。先着順での即売です。消費税・送料込みで35000円、弊社の会員さんはいつも通りに後払いで構いません。

大コレクションでの小さい発見

恒例のイベント、スタンプショウ=ヒロシマ2018が無時に終了しました。仕事的には集中して、8月のオークションの編集を進めています。昨今の情況を判断して、真剣に考えて、今回から少しスタイルを変えました。その出来栄えは、お盆休み前発送のオークション誌をご覧いただきたく存じます。

ご案内しております、昭和~の大コレクションも概ねチェックは終わりました。今回を起点にして、3年間15回での売り切りを目途にしてマップを組んで進めます。本体の骨格は次の通りです。密度の濃い、ボストーク標準リーフに整理されたコレクションです。ちょっとしたメモと、かなりの確率で、購入価が鉛筆でメモされております。

  • 1次昭和  15冊
  • 2次昭和  11冊
  • 3次昭和  10冊
  • 1次新昭和 6冊
  • 2次新昭和15冊
  • 産業~現行14冊
  • 1次昭和中心の外地消 15冊
  • 100面シート ファイル9冊

合計で95冊、④⑤の新昭和を合体して、2分割すれば、私が踏んだ金額ベースでは、①~⑦がほぼ同じウエートになるのです。シートだけは少し軽めです。でも、2次昭和40銭糊無・上辺目打洩れや、無透8円なども有るのですが。全体として、エラーがお好きな方なので、無目打以外も、あらゆるものが有りました。全分野に於いてです。

アルバムからはみ出た物も少しあり、そちらから整理を進めています。手始めは、菊15円時代以降の切手帳です。知られているエラーは、裁断ずれによる横目打漏れが2点、後は福耳が1点です。試作品も色々有るのですが、面白いと思ったのが、「背固め無」、白抜90円と100円、郵便番号に有りました。切手帳の背固め無は、万博2次の銀表紙が有名です。こちらは、私も完封を扱ったことが有り、袋の表にシッカリ「背固め無」と印刷されていたのです。製造工程で、意図して作られた物なのです。今回の3点は、恐らくは初見かと思います。背の部分に全く糊の痕跡が無いのです。いじった雰囲気は有りません。万博のそれよりは数年早いのですが、3種類自体の発行は接近した日付です。但し、客観的な証明の仕様はないので、買ってくれる人判断次第になるのです。出品記事には「背固め無」とは書きますが、最低値は単なる未使用と同じです。

0622_000010622_000020622_000030622_000040622_000050622_00006

別件ではCTOで面白い物を見つけました。印字コイルが沢山有って、10円の長野東と、低額の270円は、民間実逓エンタをすっ高い値段で買われています。それはそれで今の相場で出品いたします。印字は製造面では、ゼネラル収集的な集め方で、吃驚する物は有りません。バラエティーは一通りだと思います。山ほどあるオーダーキャンセルで、素敵な物を見つけました。藤澤慶応前局で、10.7.27=開局日のCTO、それが富士電機製でなく、オムロンなのですよ。ご本人が前もって別の局で買ったオムロン製を持ち込んだとは思えません。どなたか、事前情報で、この局に富士電機の機械が入る、オムロンと区別が出来るかもと山を掛けて、初日に消印を押したのでしょう。現行消印党・CTOグループ恐るべしです。日付戻しは無いでしょうから、センスで作った珍品です。でもお金には全く結びつかないでしょうが。

0622_00007

スタンプショウ=ヒロシマ ’18 ドラフト 余韻の即売

スタンプショウ広島2018
「ドラフト」余韻の即売、先着順に即売します。
金額には消費税を含んでいます。送料サービスです。
メールにて在庫確認の上、お申込下さい。
店頭販売可
6月20日現在、200点中116点、ご注文可能です。

1 竜半銭 白抜神戸 竜200文 朱単消 50万
3 朱2銭 MLL 10万
4 黄2銭貼 大型◎広島 朱印 6万
6 洋桜2銭 ヨ貼 売約済
7 改桜半銭ロ貼 KG遠江静波 8万
9 狸2銭貼 東京ボタ 12万
10 狸2銭貼 + 茶1銭貼 3万
11 朱□勝沼驛検査済 不足消 4万
12 青KG玉島 2.5万
13 褐KG武蔵本庄 2万
14 旧小3銭貼 不便地持込 1.5万
15 旧小4銭E紙貼 地方官区 官民往復 3.5万
16 大阪外人宛 開港地間便 3万
17 中型TOKIO 売約済
18 旧小5銭他貼 書留 3万
21 KG長門豊浦 2万
22 藁紙121/2貼 10万
23 藁紙11N貼 3万
24 若松ボタ ツブレ印 10万
27 着印 威海衛第一郵便局 1万
28 U小判3完貼 2万
30 FOOCHOW書信館切手貼 コンビネーション 15万
31 明治KIOTO 3.5万
34 U小判2銭加貼 独宛 2.5万
36 明治TIENTSIN→NINSEN 米宛 売約済
38 新小15銭2枚、10銭貼 書留 3万
40 櫛型派生の郵逓所 売約済
45 2倍重量便 訴訟書類 売約済
46 内容証明便 全体に古色 3万
48 大白貼 朝鮮 配達証明 3.5万
52 菊1銭、大白11/2(RC)貼 1万
55 昭白コイル貼 開封便 朝鮮発 6万
58 日中コンビネーション 2.5万
59 朝鮮 訴訟書類 1.5万
63 S21.9.25 書留配達証明 2万
66 書留封筒に創始75年1円他貼 10万
68 TOKYO CPO 1万
69 KIOTOCHUO 3.5万
70 選挙証紙貼 愛知県 豊橋差出し 売約済
71 吉野熊野5円貼 第1種 3万
74 ヤルート宛年賀状 年内の消印 1.5万
75 点字の年賀状 1万
77 おしどり5円に年賀コマ 6万
80 〒省記葉 支菊貼 書留 タスマニア宛 3万
81 YOKOHAMAーMARU 1万
82 旧毛軍事 広幅貼 海城 満 2万
83 旧毛軍事 狭幅貼 2.5万
84 旅順ゲーベル貼 8万
85 2昭4銭他貼 占領比島発 10万
87 北ボルネオ 3行加刷貼 3.5万
88 海軍民政府4C官葉 2万
89 占領比島貼 書留 名古屋宛 3万
90 牡丹江第二二軍 1.5万
91 紅枠半銭 イ 売約済
93 紅枠半銭 イ N1B1東京 売約済
94 紅枠半銭 ニ N1B1東京 14万
96 紅枠1銭 ロ 売約済
97 紅枠1銭 ロ 10万
98 脇付半銭 ニ 洋桜半銭イ貼 4万
99 脇付半銭 カ に 同切抜チ 貼 15万
101 脇付1銭 四日市検査済 6万
102 脇付1銭 N1B1 新潟 3.5万
104 脇無1銭ツに脇無1銭ウ印面切抜貼 15万
105 摂津 新在家 4万
106 不便地持込 KG 四日市 1万
107 改桜半銭ロ貼 不足 2.5万
109 尾道 ボタ 4万
110 着印 明朝横濱 1万
112 中継印 IJPO TOKIO ○TO/T 売約済
113 第1種扱い 未納 1万
114 返信 奈良ボタ 黒印 5万
115 両面使用済みで密着 KB2上諏訪+東京ボタ 2万
116 廣島 風波延着 1.5万
118 dN3 大坂 売約済
119 書留新聞紙帯封 10万
120 菊封皮 角形 1万
121 菊枠無 郵逓所 3.5万
123 2回国勢貼 オランダ宛 返信未使用付着 1.5万
124 大震災  罹災 1万
127 両面共に使用済みで密着 2万
133 大型NAGASAKIバー入 売約済
134 薄手小判2銭返信部 15万
135 薄手小判3銭返信部 15万
136 厚手小判3+3銭 返未付 丸一ワ便 2.5万
137 厚手小判3+3銭 返未付 TIENTSIN 5万
139 5118 3万
140 MOJI CENSOR 2万
141 旧毛10銭貼 書留 2.5万
142 支字桜4銭 青島 2.5万
143 支字桜4銭 TSINGTAN 3.5万
146 6銭加刷 往復 返信未使用付 4万
151 竜1銭 強靱紙 腕落ち 12万
152 洋桜半銭イペア 高崎ボタ 1万
153 改桜1銭タ 白抜きタ+KB1京都 1万
154 房2銭 不統一丹波下六久保 3万
155 房2銭 丹波河合 3万
157 記番 イカ? イタ? 12号 1万
159 KB2 京都 1.2万
160 E紙 広島ボタ 1万
165 藁紙11L みほん OH 売約済
166 台湾 電話 売約済
168 横班木綿 鑑定書付 1万
169 丸一鉄郵ロット 1万
172 丸二型 郵逓 1万
173 琉球 首里 1万
174 丸二 新橋 1万
175 琉球 糸満 1万
176 無加刷菊 丸一朝鮮消 4万
182 震災2銭 初期使用 売約済
183 壹字欠け 定変 1万
189 カンムリ 青島野戦 2万
192 朝字3銭 丸一 木浦 1万
194 丸二野戦局 2万
195 支字大白11/2銭 切手帳 NH 美 12万
198 立川 31 1.5万
199 5次普通6分 第775軍 売約済
200 左部4枚に雨降り 1.5万

『スタンプショウ=ヒロシマ ’18 ドラフト ルール説明』

『スタンプショウ=ヒロシマ ’18 ドラフト ルール説明』

今年も6月17日(土)に、広島県立産業会館東館に弊社がブースを出展、会場にて、日本関連の郵趣品、200点を「ドラフトシステム」にて販売いたします。

(90%以上は、今回が初お目見えで、全て消費税込みの値段を明示した即売品です。)

販売は、直接会場にご来場の方に限ります。当日の10時10分頃から正午まで、エントリーを受付、エントリーシートにて、ご希望品を「指名」していただきます。

まず、エントリーの際に、抽選箱から、エントリーシート投票用紙を引いていただきます。「あ〜ん、A〜Z」の記号の書いたエントリーシートが抽選箱に入っています。一つの記号に対し1〜10の番号入り「あ1、あ2、・・・あ10」(ご希望によりそれ以上も可)をお渡しします。展示しております200点の商品の内、ご希望品ごとに1枚の用紙を使ってください、優先順位の高い物から若い番号にご記入下さい。投票締め切りは13時00分になります。

投票を開き、各ロットごとに集計します。投票がお一人の場合は、無競争でその方にお買い求めいただけます。投票の順位(番号)は無関係です。もし、特定のロットに複数の投票が入った場合は、①投票用紙の番号が若い方を優先します。1>2>3・・・>10になります。②同じ順位で複数の札が重複した場合は、若い記号が優先です。あ>い>う・・・・>A・・・>Zになります。

優先順位は記号が優先されますので、「あ」を引いた方の1位は100%のパワーですが、「あ」の2位よりも、「Z」の1位の方が強いのです。他のメンバーの投票行動を読んで、賢く投票して下さい。

10時〜13時00分まで下見可能です。

今までの実績では、200点のエントリー品のうち、約半数が指名を受けており、上位指名はかなりの確率で重複します。1位〜3位あたりは本筋から外した物のほうが買える確率が高くなります。また、記号が遅い場合は1位チョイスでも安全ではありません。弊社は当ドラフト200点=即売品の抽選の結果には何らの特別な意思も反映させませんので、是非、当日ご参加の上、運と頭を使ってチャレンジして下さい。残品は、投票後、発表の値段で先着順に販売いたします。

商品のお渡しは、14時30分より、行います。

ジャパン・スタンプ商会会員様は、現品先渡し、口座通し、後日送金にて結構です。

200点の画像は、準備でき次第順次、当ブログに掲載します。

 

第2次世界遺産 第5集の使用済

オランダのオークションで面白い物を見つけました。「高山寺 表参道」の裏焼きの使用済です。図案を左右ひっくり返すのでなく、額面文字の位置が右が正・左が裏です。2001年11月に話題になり、刷りなおして再発売になったものです。「みほん」は裏焼きで当初に局に配布された物の内、ごく少数が回収漏れでマーケットに出て、弊社でも2~3回は扱いました。15万ぐらいだったと思います。裏焼きのみほんも、通達を出して回収して、改めて正規の物を配布、だから正焼のみほんも当然有るのです。未使用は完全に回収して(或は配給前だったかも)刷りなおして、発売も翌月になりました。今となっては、ここらの経緯はオボロゲ記憶なのですが、未使用の裏焼きが、10数シート北関東の某局で売られたと聞いた覚えが有るのです。少なくとも、弊社では未使用と使用済は扱ったことは有りません。

20180602_001オークションの記事には、Mi3295Vとして出品されているので、ミッヘルカタログにはエラーとして出ているのでしょうが、弊社の手元に置いていないので幾らの評価かは分かりません。オークションの参考値=実質的な最低値は1500ユーロなので、20万円位でしょうか。正に裏焼きで、使用済なのは確かですが、機械の波だけなので局名は不明です。締め切りは6月16日なので、興味が有る方はご連絡ください。エージェントを立てて、代行も可能です。このオークションハウスとは、昔から相性が良くて、「書き十の東京ボタ贈呈消」、「U小5銭の横班粗紙木綿岡山ボタを5~6枚」を買ったことが有るし、プライベートディールでの付き合いも有るのです。さあ。どういう結果になるでしょうか。

日本郵便料金大系

前回に書いた、alternate useのカバーをお見せしましょう。前島15銭が適正期の飛燕5銭3枚貼、ゼロ付前島1円が適正期の、2新昭50銭ペア貼と1円貼。厳格に突き詰めた郵便史でなく、トラッドで切手の盲人用4種便使用として見せるのなら十分だと思います。ルックスが良いですから。

2018052501

乃木2銭のアルバムは2冊有りました。ゲーベルのブックに入っていたエンタを見て、思わず料金表を調べたのです。日専等の基本のチャートにも載っているけれど、誰も気に掛けず、そんな使用例が有るとは想像が出来なかったカバーです。外信便の盲人用点字印刷物=点字文はUPU規定でも印刷物で通ります。昭和12年4月1日ー20年3月31日なら、1kgまで毎で2銭です。適正切手は乃木2銭。有ると思って探したのでなく、物が目に飛び込んで来たので、まさかと思って調べたのです。文句なしのマテリアルです。

2018052502

2018052503

もう1点は、現行のCTOの山に埋もれていた1枚のメモでした。「現行党必見!! 聴覚障害者用小包」。この人のコレクションの場合、「資料が有れば物が有る」。例外は皆無です。だから探しました。郵頼戻しのカバーの束から葉書が数枚出て来ました。改めて、鳴美の大冊をめくったら、しっかり出ていました。説明はパンフを読めば一目瞭然。でもこのメモの筆者がどなたかは判りません。

2018052504

2018052505

第4種盲人用点字

今回の100冊のコレクションに於いては、基本的に1次昭和以降なので、昭和12年5月10日以前の物は皆無です。場違いな竜48文が1枚だけ有りました。新しいところも、概ねゼロ付までと言って良いでしょう。R字入り以降は5~6年前に弊社のオークションで処分済みです。

昭和12年~27年に拘って、有るべきはずの盲人用点字を調べてみました。ベンチマークは、Star Auction No37、2016年12月4日開催のカタログを参考にしました。料金体系は別表の通りです。

20180524_001

これにクロスして、切手にフォーカスした適正期間をリストにしたのです。単貼の適正切手・適正期間=料金合致で次シリーズ発行前が今回のコレクションのアイテムのデータの並びです。コレクションは、基本的に1額面ボストーク1冊です。整理の仕方が統一されているので、ターゲットを絞れば、探したいものは簡単に見つかるのです。10冊のアルバムから、第4種点字を狙い撃ちして抜きました。全くストレスフリーに見つかったのです。

①1次昭和5厘 12.11.1-17.3.31  大河原欽吾宛   高松13.2.27     適正

20180524_002

②1次昭和1銭 17.4.1-17.12.31  佐藤淳宛     熱海17.11.27     適正

20180524_003

③2次昭和1銭 18.1.1-20.3.31  西村三吉宛    伊豆長岡19.9.7    適正

20180524_004

④2次昭和3銭 20.4.1-20.8月頃  村谷昌弘宛    箱根湯本20.8.14   盾3銭発行前なら適正・多分大丈夫でしょう。

20180524_005

⑤3次昭和3銭 20.8月頃-21.7.24  幣原喜重郎宛 失明軍人発 鬼石21.3.5 適正 点字書状+読み下し文付き

20180524_006

⑥3次昭和5銭 21.7.25-22.3.31  村谷昌弘宛   阿倍野21.10.23    適正

20180524_007

⑦1新昭15銭  22.4.1-23.6.30  尾関君宛    長野23.6.29     適正

20180524_008

⑧2新昭50銭  23.7.1-24.3.30  村谷昌弘宛   西陣23.12.19     適正

20180524_009

⑨無透80銭   26.5.21-26.10.31  大河原欽吾宛  局不明26.8.20    何とも言い難し・惜しい!!!

20180524_010

⑩無透1円    26.11.1-27.8.10 大河原欽吾宛  小石川28.11.20    後期使用 パーフェクトならず

20180524_011

郵趣用語でalternate useというのが有るのです。代用使用です。点字便では、2昭3銭が適正の時の2昭1銭3枚貼、2新昭50銭が適正の時の、3次昭和50銭貼といったケースです。やむを得ないケースも多いのですが、一流のコレクションを目指す場合は、これすら排除すべく努力するのです。カバーとしてのルックス、消印可読に拘って、明らかにバージョンアップを図られていました。コレクターとしての真摯さ見て取れるのです。お金で買える物だけで満足してはこの並びにはなりません。点字便の場合は、コレスポンデンス=同一の宛名便と中身付きが好ましいのですが、このポイントでも条件は満たされています。切手の後使いや、複数貼りを排除した完璧な適正使用例に拘られていたのでしょう。⑩の無透1円だけは残念ながら次のシリーズの発行後になりました。あとの物は貶しようが有りません。。買わない理由が見つからないマテリアルです。オークショニアとしては最高に贅沢な仕事をさせて貰っています。ここからはみ出た物は、勿論たくさんあるし、単貼りでない1種多数貼などは、捻り方次第で珍品に出世するでしょう。次回は、もっと衝撃的な物を見せましょう。2点共、料金表には出ているのですが、無い物と思われていたものなのです。乃木バカくん、元気になってくれるかな。