ブログ アーカイブ

旧小判 薄紙の系譜

本日、第118回フロアオークション誌【日本国際切手展記念セール、8月29日開催(メールビッド8月26日締切)】を発送いたしました。同時に大阪の事務所での下見も可能になっております。今回は目玉品が沢山集まりました。物が良い物だという前提が有っての事ですが、意識的に編集したのでテーマで見易く並んでいることが多いのです。どの分野でも注目品を含んでおり、大いに楽しんで頂けると思います。旧小判は超一流のコレクションのPart1を出しました。誰もがご存じの珍品は無論ですが、前所有者のお気に入りの物が目白押しです。骨格とすれば、1997年のサンフランシスコ国際切手展に出品されたコレクションが主体です。その後に入手された珠玉の別枠のエキストラの追加分も有るのですが、アルバムへの書き込みは桑港展の物を其のままの状態で預かりましたので、編集に際しても基本的にはその分類を尊重しています。

1点だけ勝負したいものが有りました。Lot2287 6銭無地の未使用です。リーフ上の展示箇所は、エスパルトよりも上で、無地としての位置づけです。初期色で無斑点の縦紙なので、無地と書いて何の問題も有りません。でも、かなり薄いのです。平滑で無斑点、色は蒼白と表現できると思います。同じ紙が50銭に有れば躊躇なく【薄紙】と書くのです。クールにデータを数字で並べて見たいと思います。厚さはマイクロメーターで計測したμ表示です。今回の場合に限ってですが、贅沢な検証が出来るのです。機械計測での比較の数字が命なので、条件が均一でないと駄目なのです。完全未使用で、オリジナルガムの部分を2か所+測りました。そのデータを並べます。

額面   発行日    厚み(µ=ミクロン)  Lot番号

1銭黒  1876.5.17     55.50         2252

2銭狸   〃        54.50         2259

4銭   1876.6.23     55.00         2272

5銭    〃        59.50         2284

10銭  1877.6.29      56.75         2220

6銭    〃        64.60           2287

3銭  1879.6.30     62.33         2322

50銭   〃         62.50            2335

20210729

発行日を基準に取れば、前後半で4種ずつ2組に分かれます。厚さで分ければ、前半5種と後半3種で2組です。さあ、この6銭、どういう位置づけになるのでしょうか。60μ未満ならば良かったのですが微妙な数値です。【欲目の薄紙】結構気に入っている表現です。眼で見てわかる特徴もそうですが、こうやって並べると単独では見えない部分も見えて来るのです。薄紙は短期間のみで使われています。目打9Sは有りません。出現期は11年~12年ですが、短期集中でのスポットの使用とは限りません。3銭・50銭は主力に近い使われ方ですが、1銭黒~10銭は主流では有りません。さあ、6銭はどうでしょうか。見つかっていなかったから、頭ごなしに否定はできないと思います。同じような例が、45銭の白紙の13(複数存在)と50銭の薄紙の13目打にも有るのです。表紙に使っての最低値5万円、評価は???

総務相 情報流通行政局 郵政行政部 郵便課

発端は、今年1月の報道でした。ヤフオクでの切手の模造品が取引され、それが【郵摸】で摘発されたというニュースでした。予想外でしたが、嬉しいニュースでした。被摘発者の代表に富山の男性という情報が有りました。恐らくはヤフオクでの素っ頓狂な偽物を反復、継続して出品している、ID tsumekome・・・さんだと思います。摘発者は警視庁・保安課でTVや新聞でその一部を見ることが出来ました。まさか、【郵摸】での摘発とは正直期待していませんでした。【郵摸】は違反者を摘発をするのが目的の法律だと思っていなかったのです。マスコミに出た画像は、なる程と納得できる物でした。でも1点気になる物が有りました。「東芝ゼロ円」です。ヤフオクに出品されたときから気づいていたのですが、tsumekome氏の出品物はそれの現物でなく、ごく最近作った、光学機器を用いたリプリントだと思います。ビードロの摸刻、現行切手への悪戯と同じく、【郵摸】でアウトの物で間違いないと思います。その根拠は既に詳しく書いています。でも、ちょっと気になったのが、「東芝ゼロ円」のオリジナルを誤解しないかという事でした。この時点で、横浜の古物商が、馬鹿げたやり方で本物をヤフオクに出しまくっていましたから。【郵摸】の条文と現物の性質を慎重に読めば、これは【郵摸】に該当しないのは明らかです。作られたのが昭和41年で、【郵摸】施行が47年12月なので、法は遡及できません。また、【郵摸】に基づく物では無いのですが、作成時に郵政大臣の許可を得ています。どう見ても合法なのです。全郵普の90年スーベニア―と同じです。そして、【郵摸】で摘発できるのは、違法物を扱った場合に限ります。かなり対象が限定されているのです。

郵趣に関してはド素人の横浜の古物商、「東芝ゼロ円」は貰ったか、廃紙を拾ったのかしたのでしょう。千載一遇のチャンスだと舞い上がったのだと思います。実際に良い値段で売れました。下邑さんの印紙のカタログには20万の評価で出ています。かつてこれがマーケットに最初に出た時に動いた値段がそれでした。その後オークションに散らほら出て、10万位で落ちていました。縁あって私の手元にある程度の量が来た時は、5万位が相場だったと思います。ゼロ円も二本バーも、私が扱った時点で、絶対的に合法物だという確認を取って売っています。

5月の報道で吃驚です。マスコミにでかでかと「東芝ゼロ円」が出ていました。【郵摸】で摘発されたのが53歳、横浜の古物商、ヤフオクで1000万以上を荒稼ぎ、そしてお気の毒にこの人の出品物を買って、転売した人たちも芋ずる摘発です。「東芝ゼロ円」が【郵摸】に該当しないことは確信が有りました。超一級の裏付け資料が有ったからです。だから、警視庁・保安課に電話した上で資料を手紙で送りました。無視されるかなと思ったのですが、電話で返事を貰いました。保安課の広報担当の方でした。ご機嫌の口調で私の問いに答えてくれたのです。1月の件では、富山の男性が、5月の件では横浜の古物商がターゲット、「東芝ゼロ円」を【郵摸】違反で摘発したと明言していました。当然ながら私は聞いたのです。リプリントは【郵摸】に触れるけど、オリジナルは合法でしょう。法の施行と物の製造は日付が逆なので遡及は無理でしょう。オリジナルをリプリントと勘違いしていませんか。富山は立件できるけど、横浜は無理ですよ。明瞭な答えが返ってきたのです。リプリントもオリジナルも両方ともに【郵摸】で立件できる。オリジナルに関しても、【東芝】のみが、自動取り揃え押印機のテストに使う場合に於いてのみ合法であり、それ以外は全て違法だと言うのです。警視庁の保安課の刑事が夜も寝ずに捜査して、書類を地検に送っている。当然ながら起訴されて有罪になるに違いないという主張でした。そしてこの法的解釈は、警視庁でなく、郵政省郵便課に書面で送って、顧問弁護士の確認の上で書面で返事を貰ったので自信があるという事なのです。

【郵摸】の法文を読んでも、この法律に於いて合法な物を、特定の属性を持つもの以外がその目的に反して販売した場合に処罰するとは書いていないのです。警視庁の解釈は法理論として滅茶苦茶です。マリファナなら、医薬品として使うなら合法、それ以外は違法だと薬事法?に書いてあると思います。「東芝ゼロ円」を扱った横浜の古物商が法に問われるのなら、【郵摸】でなく、ネコババ=占有離脱物横領か、所得税法違反位だと思うのです。窃盗・横領・背任は実際問題無理でしょう。幸いにも電話で話が出来ているので、論点を絞れているのです。「東芝ゼロ円」の東芝以外の第三者の販売が【郵摸】に抵触するか否かを法的に判断したいのです。警視庁にこれ以上問い合わせるのは無意味です。【総務省郵便課】が書面で【郵摸】に触れるという返事をした故に摘発したのだからです。この件を聞くべき相手は、総務省・情報流通行政局・郵政行政部・郵便課です。だから。7月1日にレターパックで書面を送り、翌日に到着したことは確認済みです。でも、今日の時点で返事は来てません。【郵摸】は、公訴時効が3年、必要弁護人事件では有りません。地検の判断はまだまだ先だと思いますが、どう考えても検事は起訴は出来ないと思います。一般的な数字なのですが、書類送検されての起訴率は38%に過ぎないのです。起訴された場合の有罪率はほぼ100%ですが、検察事務官が法律をチェックして、財務省印刷局に問い合わせれば物の性質が分かります。上司は100%有罪の確証が無いと決裁を通しません。横浜の古物商には余り同情を感じないのですが、同時に摘発された、40歳代の女性の事が気になるのです。ほんの数点のゼロ円をヤフオクで落として、小遣い稼ぎ?に転売したら、警察から呼び出され、家族や勤め先に知られたらどうなったのかな。ヤフオクのへんてこな物でボロモウケの輩を懲らしめるというチクリの投書が発端かも知れません。そのこと自体は善なる行為でしょうが、無実の罪で法の場に引っ張り出された人の気持ちを思えば、放置はできないのです。ヤフオクでの【東芝ゼロ円】シャットアウトは、【郵摸】が根拠では有りません。マスクの転売禁止と同じでしょう。ヘンテコなラベルを売っての大儲けが怪しからんという判断なら、それは理解できなくも無いのです。でも、手彫のおもちゃを流通も同時に止める事の方が大事でしょうが。

総務省・郵便課には、まず電話して名乗った上で、警視庁・保安課から紹介された旨を知らせて書面を送っているのですが、3週間経過しても何らの反応も無いのです。かつての郵政省の時代なら我が事としての対応がされたかも知れませんが、郵便切手は民間私企業の証紙です。郵便課は監督官庁であっても、お役所のステータスとしても随分と下部に位置する立場でしょう。これ以上返事を待っても仕様が無いと思います。幸い、総務省にはコンプライアンスの部署が有るのです。そこに通報して返事を待ちましょう。芋ずるの一番下で、無実の罪で、とばっちりで摘発されて警察のお世話になった人、もしそのことが原因で人生が変わってしまったなら、アメリカなら大変でしょう。数億円の損害賠償の訴訟の対象になりかねない事案だと思うのです。総務省監察室の返事を貰え次第ここで公表いたします。

郵摸の言葉をアナライズ

改めて、法律第50号 昭和47年6月1日公布・同年12月1日施行の郵便切手類模造等取締法を載せておきます。

第一条 郵政大臣又は【外国政府】の発行する郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票に紛らわしい外観を有する物は、製造し、輸入し、販売し、若しくは頒布し、又は郵便切手その他郵便に関する料金の証票の用途に使用してはならない。

2 前項の規定は、同項に規定する物で【郵政大臣】の許可を受けた【もの】を製造し、輸入し、販売し、又は頒布する場合には、適用しない。

第二条 前条の第一項の規定に違反した者は、一年以下の懲役又は五万円以下の罰金に処する。

飯塚博正さんからアドバイスを頂きました。法令用語の解説です、「者」と「物」と「もの」には使い分けがされているのです。「者」は自然人や法人、「物」はそれ以外の有体物で、「もの」は抽象的なものに用いるとのことです、人物は「者」物体は「物」、自然現象や人の気持ちみたいな目に見えない存在物、宇宙のような漠然としたものが「もの」ということでしょうか。2項の【もの】ですが、助詞が【を】なので、【物】に置き換えて良いと思います。対象物が違法か否かで、それを製造・頒布した者が法に問われるということです。対象物の違法性が確定していてこそ、処罰の対象になるのです。

この法律で全てが決するのでは有りません。『総務省の郵便切手類の模造等』に実務上の詳しい説明が出ていますので、是非読んで頂きたいのです。

総務省|郵政事業|郵便切手類の模造等 (soumu.go.jp)

「取締りの対象となる郵便切手類とは」の項目に使用済みは対象外と明記され、未使用の【現行切手】に紛らわしい物が本法の対象と記されています。この定義は後で論じます。直ぐ後に、》総務大臣の許可を得たときは製造等ができる場合があります』に続いて【許可をされたとみなされ、許可申請を要せず、製造等ができる場合】が示されています。主として、サイズや材質で切手と間違える恐れが無いケースを示しています。その最後に、(9)外国で製造された模造切手類を輸入する場合で、そのものが当該国の郵便切手類等取締関係法令に違反しないもの。ただし、郵便切手類模造等取締関係法令の規定のない国から輸入する場合を除きます。と記されています。数回前に書きましたが、現行の【郵摸】法の起案の際の郵政省の便箋に書かれていた、万国郵便条約73条(模造変造等の処罰に関する条束)を批准している、UPU加入国がその対象だと思います。第一条の【外国政府】の発行した切手模造品が、日本の【郵政大臣】の許可を受けねばならないという事では有りません。当然ながら、世界中の切手をデータベース化して、違法・適法の判断を日本の当局がやるはずもないのです。【外国政府】と【郵政大臣】とを繋げる発想は普通の人ならば持たないと思います。外国切手のみほんやプルーフは当然ながら対象外です。許可申請は不要です。

【現行切手】の定義は簡単では有りません。特に郵趣家が持っている生半可な知識が邪魔になるのです。郵趣家は条文に書かれていない言葉まで、自分の知識に置き換えて常識では通用しない判断をすることが有るのです。ここでの議論はあくまで【郵摸】法です。現行切手=郵便法上の有効な物とはどこにも書かれていないのです。郵便切手に誤認される物を排除するのが目的です。郵便法に有る定義をそれ以外の法律に機械的に適用させるのは無理だと思います。旧【郵摸】=明治42年の逓信省令にも有るのです。第3条 ・・・【現行郵便切手】・・・、ここでも郵便法に限定しての有効性には触れられていないのです。郵趣家の思い込みで同時に思い上がりなのですが、郵便法での効力を一律に引用していることが多いのです。係争になり、最高裁に行って、確定判決だ出れば別ですが、全ての法律に於いて、郵便切手の有効性が郵便法上の規定にのみ合致するとは私は考えていないのです。現行切手の定義は、普通に流通している物で額面で購入できるものと置き換えて良いと思います。実務で言えば、海外からの輸入貨物に掛かる消費税ですが、効力を有する日本の郵便切手は有価証券なのでHSコード49:07で非課税です。でも、菊1円や月雁は郵便料金として使えますが、それを理由にして有価証券の主張は出来ません。49類=有価証券でなく、97:04の日本製の骨董品として免税の結論を得るのです。額面を生かす事よりも骨董的な価値が上なので、その判断を優先させるのです。このケースでは、法律の適用根拠が違っていても、結果は同じ事なので争うのは無意味です。旧【郵摸】は施行が明治42年なので、郵便料金としての使用禁止は、竜と桜、「5厘を除く」旧小判だけです。明治42年では一部ですが新小判はまだ現役だったと思います。この時点なら菊と新小判が現行切手、法律はそのまま続くのですが実情に追随して適用範囲は変化します。大正時代になれば、新小判と菊は現行からは外れるし、終戦時なら田沢・風景も非現行だと思います。郵便法で生きているから、それが現行切手だと主張して論を張るのは、一部の郵趣家だけなのです。今の【郵摸】でも、手彫と5厘以外の旧小判、昭和の追放切手、1回国勢、飛行試行以外は【現行切手】だから【郵摸】の対象だと考えているとは思いません。細かいことに拘れば、GHQ命令での追放切手には記念切手は含まれません。軍国主義や戦意高揚の物がNGならば、日韓併合も満州建国10年も国立台湾も当然その対象になるのですが、これらは【現行切手】という認識外なので対象から外しているのです。旧小判5厘が郵便法を根拠にして有価証券だと言い張る人の意見は認めたくありません。結論付けるなら、異論は有るでしょうが、1円未満の全ての切手と新小判~田沢の1円~10円が非現行かなと思っているのです。次は、警視庁保安課との遣り取りに入ります。

時系列に並べます。

まず触れておきたいことが有ります。基本的な情報ですが、郵便切手の有価証券としての偽造は、有価証券偽造罪にはならずに郵便法により処罰されます。正確に表現するなら、太政官布告に始まり、郵便規則、郵便条例、旧郵便法、新郵便法に受け継がれます。こちらに関しては法的な空白期間は有りません。でも、収集目的での模造は意味がだいぶ違います。前回書きましたが、発端は明治42年の逓信省令です。この時以前は、法律が無く、当然処罰も出来ません。和田小太郎の偽物はそれ以前に作られており、作成時もその後も処罰の対象にはなりません。法の不遡及の概念からも、法律が出来た後なら違法な物も、許可を受ければ適法になるケースでは、法律の無い時には許可申請を出すすべがなく、当然ながらその後も届け出の義務は有りません。許可申請が不可能なので当然ながら無申請でも処罰はされません。和田の偽物が郵便法に触れるのなら作った時から違法ですが、使用済は勿論、未使用も当時としての現行の物と判断されずに郵便法でも違反にはならなかったと思います。【郵摸】は法律自体が不存在なので議論の必要は有りません。

明治42年の省令65号は逓信省が郵政省に変わった、昭和24年5月31日までの期間で法的効力を持っていました。この間に【郵摸】に触れる物は逓信大臣の許可が必要だったのです。実例も残っていて、小島勇之助氏の日本愛郵会の竜や村送りのシート写真集には許可の事実が表示されています。切手そのものに類する模造品での実例は私では思い浮かびません。許可を得ての合法品、無許可の違法品共にです。

昭和24年6月1日に、前回記した理由で、旧【郵摸】の法的効力が消えたのです。新【郵摸】の施行は、昭和47年12月1日です。この間は空白期間で有り、【郵摸】は存在しないのです。意図したかどうかは判りませんが、もし【郵摸】が有ったなら、違法になった物も数多く作られているのです。趣味の切手社=清水裕雄氏の昭和~新昭和のパケット用の模造切手、切手経済社の月雁見返りの無目打摸刻、郵便創始80年(昭和26年)及び90年(昭和36年)の郵政省や全郵普、各地の郵趣会等の竜切手他の摸刻シート、これらは昭和47年12月1日以降に作ったのなら、許可を得て無ければ違法です。でも【郵摸】空白期間の作成なので、許可申請を出すすべもなく、当然必要も無かったので、ごく自然にマーケットに流通したのです。法律が出来たからと言って、改めて許可を取る事は無理ですし、勿論必要では有りません。当時も今も違法でないので、製造者は罪に問われることは無く、販売、頒布も自由です。【東芝ゼロ円】は郵政省郵務局の許可が昭和41年11月20日なので、この期間にモロに合致しています。全郵普の90年スーベニアと同じ位置づけで捉えられるべきものなのです。どう考えても違法にはなりません。全郵普のスーベニア―を郵摸違反だとは誰も思わないのに、東芝ゼロ円に目くじらを立てる人がいることに驚きを禁じ得ません。もしそうなるなら、日本郵趣出版のカラー印刷本も、空白期間の出版で許可申請が出ていなければ全部郵摸違反になるという珍妙な理屈を主張しているのに等しいのです。有り得ない暴論です。

全くの偶然で、私の手元には東芝の作成依頼書と、それに対応した郵政省郵務局長の許可書が有るのですが、これは【郵摸】とは無関係な物なのです。この法律自体が存在しなので郵摸・許可は有り得ない事実です。ゼロ円と2本バー加刷は、郵便物の自動取り揃え押印機作成に当たっての機械の精度を上げる為のサンプルとして、東芝及びNECに郵政当局が便宜供与した物です。費用はゼロでの供与という事での大蔵省印刷局への依頼だったと思います。これを【郵摸】の法律で議論すること自体がおかしすぎる話です。

次回は今生きている【郵摸】の条文の言葉を解釈して、1月と5月の事件をアナライズして見ます。「もの」と「者」と「物」の違い、条文に有る「外国」と「郵政大臣」の読み方、「現行切手」の法が想定している定義等ですが、普通に読めば【郵摸】は法律として分かり易と思います。でも、なまじコレクターの思い込みの知識が入って来れば違う方向に向かいます。許可を受ければ合法になるのがこの法律の趣旨ですから、どうすべきかを丁寧に指針で示してくれています。違法物を摘発するのが主眼でなく、手続きを踏んで合法になるように導いてくれているのです。でも、不心得者も現れるのは残念な事実です。

郵便切手等模造取締法案草稿

やっと8月29日(日)開催のPA118・国際切手展スペッシャルセールの私の受け持ち分の原稿執筆がが終わりました。7月29日(木)に発送出来る予定です。今回は本当に良い物が集まりました。ビッドされる方は大変でしょうが、お手元に届いてから、セールまでの1ヵ月大いに楽しんで頂けると思います。フロアは来月末の日曜日ですが、メールビッドの締め切りが、運営の都合で26日木曜日になりますのでご注意ください。このセールの事前情報は後日少し書いてみたいと思っています。今は、進行中の懸案の【郵摸】を仕上げたいと思います。決定的な一級の資料を紐解きます。これが有れば、今の法律の解釈が完璧に出来るのです。紛れる余地は有りません。丁寧に説明しますので長くなりますが最後までお読み願いたいと思います。意味さえ分かれば【郵摸】は分かり易い法律で、解釈を間違える方がおかしいのです。事前の草案と成立した法律、今現在の許可に係わる総務省の説明を読めば、全ての疑問は解決します。やるべきことを明示しているので、物が法に抵触するのかしないのかに関しては議論の余地は有りません。法には流れが有るのです。でも、なぜこの資料が私の手元にあるかは今は明かせません。改めて読んでみてなる程と思えたのです。

日付は入っていないのですが、郵政省の便箋にタイプで打たれていますのでそのまま引用いたします。誤字等もそのまま載せます。

「郵便切手類模造取締について」

本邦に於ける郵便切手類の研究及び切手蒐集趣味の急速なる普及伸長に伴い、郵便切手類の原寸原色による模造が盛に行われ、流布されている現状に鑑み、これら模造、又は模造の流布が郵便事業の上に及ぼす廬のある障害を未然に防止するとともに、万国郵便条約第七十三条(模造変造の処罰に関する条束)及び第三回国際通貨偽造防止会議決議等、国際取締の事項る具現させる目的で、別案の、取締方針に基き、郵便切手類模造取締に関する法令を早急に制定するよう取運びのことといたしたい。追って、郵便切手類の模造については、曾て逓信省徴章、通信日附印及郵便切手類模造取締規則(明治四二年逓信省令第六十五号)により、厳重に取締を行っていたが、新憲法の施行の結果、命令をもって、処罰事項を規定できなくなったため、郵政省の設置を機に、昭和二十四年九月郵政省・電気通信省令第一号により、同年五月末日限り、廃止され、爾来、空白状態のまゝ今日にいたっているものであるが、桑港、日華、日印平和条約等の調印、発効とともに国際社会に復帰した本邦の現勢から考えても、均衡上、本件取締法規の速かなる制定が望ましい。

なお、郵便切手類と類似の性格を有する収入印紙等の模造取締については、印紙等模造取締規則(昭和十九年大蔵省令第六十四号)によって、いたが、新憲法の施行に伴い、印紙等模造取締法(昭和二十二年法律第百八十九号)に切換え、取り締まりを継続している。本件決裁の上は、取締法規文制定方主管課において然るべく、取計らい願いたい。

参考条例を上げておきます。逓信省徽章、通信日附印及郵便切手類模造取締規則(明治四十二年省令第六十五号)

第三條 未使用又は使用済ノ帝国政府及外国政府ノ発行二係る現行郵便切手其ノ他郵便料金ヲ表彰スヘキ証票二紛ハシキ外観ヲ有スルモノハ逓信大臣ノ許可ヲ受ケタル場合ノ外之ヲ印刷、製造ノ販売ノ(頒)布又ハ使用スルコトヲエス。

次回は、時系列を辿って、現行法を解説します。

【ものを】と【ものが】

郵摸に関して、かなりクリアになって来ています。警視庁保安課に問い合わせた結果、明瞭な回答が得られました。1月の件は富山の男性が、5月のそれは横浜の古物商がターゲットです。主たる該当物は【東芝ゼロ円】です。私の解釈を伝えたところ、警視庁としては2件共に地検に書類を送り、起訴されることを期待しているとの答えでした。結論は公訴時効の3年以内に為されます。日本の司法制度では起訴された刑事事件での有罪率は99%以上、無罪になればニュースだし、国家賠償請求の対象になる位です。だから検察は有罪になる案件しか起訴しません。でも、警察から検察に書類送検された案件の内、起訴される確率は38%に過ぎないのです。この事を覚えて置く必要が有るのです。

郵摸の解釈ですが、私は製造時期を根拠にして、基本的に東芝ゼロ円のオリジナルは合法品、リプリントは違法品という意見であり、法的根拠も持っています。当然ながらオリジナルとリプリントの意味の違いを警視庁に告げましたが、先方に郵趣品に関する理解力は有りません。摘発に当たっては監督官庁の総務省郵便課と書面でやり取りを為し、顧問弁護士の意見で、オリジナルも含めて違法との回答を得たとの返事でした。郵摸の法文は一条しかなく解釈に迷いません。紛らわしい外観を有する物を摘発の対象にし、適用外要件も明示しています。2 前項の規定は、同項に規定する物で『郵政大臣』の許可を受けた【ものを】製造し、輸入し、販売し、又は頒布する場合には、適用しない。です。なぜ【ものを】が漢字でなく平仮名かが分からないのですが、【ものを】は【物を】と読むべきだと考えます。つまり【者が】と読み替えて、限定された属性を根拠にして摘発の対象外になるのでなく、物自体が合法か否かが問われるのです。警視庁はこの点で明らかに間違っています。私の問いに対して、【者が】の解釈で、東芝ゼロ円は「物としては」郵政大臣の許可を受けたことは認めるが、それは東芝のみが当初の目的に使う限りにおいて合法であり、第三者がそれをやれば違法だというのですが、「者」に読み替えており、これば全く無理筋です。だからこの点にポイントを絞って、総務省郵便課に警視庁に対してどう答えたかを聞いています。リプリントの現物を見て判断をした物を、警視庁がオリジナルにも適用できると解釈したのかと思います。物凄い善意での解釈ですが、どう答えてくれるか楽しみにしています。ゼロ円は製造日からして、法の不遡及でも適用は無理なのですが、その点以外の物への解釈の意見を聞きたいのです。7月1日にレターパックを送りましたが、現時点で返事待ちです。

【郵摸】法案作成者の関係者のご遺族から、決定的な一級の資料を頂きました。法律化直前の郵政省の素案・意見の具申書です。まさにそのままが法文になっています。付随して今まで知らなかった事実か記されていますし、これを読めば【郵摸】の法的な位置付けが明瞭になる物です。郵政省の便箋なので、そのまま画像でお見せすると差しさわりあるかと思いますので、後日打ち換えて公表いたします。概略ですが、元の法律は明治42年逓信省令第65号です。万国郵便条約73条と絡みます。そして新憲法の施行の結果、命令をもって処罰事項の規定が消失し、郵政省設置の昭和24年5月末で旧法が廃止され、昭和47年12月1日の【郵摸】施行までの期間は法的な空白期間になったのです。この期間に於いては、旧法の適用除外の要因を満たすためでも、許可を申請する術がなく、結果としては違法物は存在しないのです。処罰できる法律が無いのですから。新【郵摸】が施行後も当然ながら遡っての許可申請の義務もなく、外形上は法律が存在すれば違法な物も含めて処罰の対象にはなりません。法は遡及しての行為の追及はできませんから。だから、【ものを】=【物を】が重要なのです。

明治時代の逓信省令65号=通信日附印及郵便切手類模造取締規則でも、今の【郵摸】でも、適用除外の要件は明記されています。郵政大臣(総務大臣)の許可がそれです。面白い出品物が有りましたので、それをお見せいたしましょう。和田小太郎の偽物のシートです。明治23年8月3日印刷なので、明治法の施行以前の郵趣品です。法が存在しないので違法にはなりません。当時でも今でもです。今の法律を基準にして、思い込みで偽物は何でも違法では有りません。そしてそれは、外国切手に於いても同様です。当然ながら外国切手に関する許可を日本の郵政大臣が出すわけは無いのですが、発行当時国が許可すれば【郵摸】の適用からは外れます。現行法に於いても、総務省の許可申請に関する解説の、総務大臣の許可が不要な物の内、(9)外国で製造された模造品を輸入する場合で、そのものが当該国の郵便切手類模造取締関係法令に違反しない物。・・・と書かれています。外国切手のみほんやプルーフは原則的に全てセーフです。日本に於いて、郵便法上の有効性=手彫と5厘を除く旧小判、追放切手以外のリプリントもアウトという事も間違いです。何処にもその記載は有りませんから。実務上は戦前発行の物は対象外と思います。これに関しては私はHS税番49類で想定している定義を使う事が多いのですが、これは別の視点での議論が要るので長くなるので今はスルーしておきます。

20210709

大仏1円無目打縦ペア

標題の物は、公式の著作物には掲載されていません。所有者が発表していないので、ステータス検証の俎上に上がってこないのです。それも含めて書いて行きたいと思います。セールは私のビジネスキャリアから逆算して、1981年~84年でした。アメリカ西海岸のSuperior Auctionに素晴らしいエラー切手のコレクションが出たのです。オークション誌に明示された居たのでしょう、伝説のコレクター、河村照道さんの物でした。氏はハワイ在住で知られていますが、戦時中の日系人収容所暮らしを経て、ある時期には桑港にお住まいだったと思います。この時かどうかは確認できていないのですが、エラー切手のご出品は、奥様が大病されてその治療費が入り用になったのがきっかけだと聞きました。実際に良い物が有りました。日本のエラーの目玉が揃っていたはずです。フロア出席は日本からはジャンボこと後藤正義さん、帰国後に会った時にぼやかれました。東京の札は完全に1本に纏めたけど、お前のせいで高くなった・・。だっただと思います。この時点で私はまだ駆け出しで名前が売れていなかったので、シンジケートへのお声は掛からなかったのですが、当然ながら上から下までそれ相応の数字を入れていたのです。あんまり買えなかったとは思いますが、アンダービッダーにはなったでしょう。ジャンボ兄貴が聞いて来たのが、予想外の人の素性でした。見知らぬ人が場にいた、矢鱈と強くて競っても勝てない、大仏1円の無目打は100万を超えたが負けてしまったよ、です。想定外の日本人の名前を聞きました。姫路のOさんです。喜んで表に出る人では無いのですが、コレクターとしてのお名前は知っていました。記念と昭和に強い人、日本のオークションでも高額品をメールビッドで落としていた人です。彼ならば大仏無目打を買っても不思議では有りません。でも、アメリカのオークションにまで行っていたのは意外でした。落とした人は無制限で落し切る覚悟だったでしょう。競ったジャンボさんの評価の基準は、最初にマーケットに出た金魚35円の無目打ペアの値段だったかと思います。スタンプフレンドのオークション、落札値は100万円、お買い上げは明石の資産家のHさん。キッチリ正解かどうかは判りませんが、読み筋とすればいい線でしょう。競る人が2人いればオークションでは高くなる。世界中で共通の定理です。

突然アメリカに現れたビッグコレクター、お付き合いは何度か電話で話をした程度です。水道工事屋さんだったと思います。その後ペルシャ絨毯商売に手を出され、更には骨とう品の仕入れに京都の福丸・大沢にまで出没しています。私と付き合いのあるブローカーがぼやいていたのです。紙物も道具もなんでも買う。とてもじゃないが太刀打ちできない・・。あれ誰だ?もっとも、切手系は滅多に出ないのですが。福丸で使っていた符牒の名前、聞いたことが有るのですが今は思い出せません。この人は10年ほど前に亡くなられています。コレクションは消えたままだったのです。当時は買いっぷりがもろに目立っていたのでしょう、特に情報通の間では。番野一臣さんが姫路まで会いに行っています。何を売ったの?と聞いたら怒られましたよ。表敬訪問に決まってるだろ、洗いざらいコレクションを見たけど大したものは無かったぜ、が返事でした。

結構気難し売屋さんだったと思います。付き合いのあるディーラーさんは限られていたのでしょう。実際のところ一人だけだったかも知れません。変な性格の持ち主同士で気が有ったのかな?大分プラーベートの商売をされたのでしょう。サンフィラのオードワイユのコイルの210万円、落札者はちょっと癖のある一匹狼の東大阪のディーラーさん、リスク被りの転売狙いのビッドでなく、姫路の人のノンリミットの代行札だったのだと思います。これは推測というよりも事実だと断じて良いでしょう。姫路の孤高のコレクターが亡くなって、コレクションが丸ごと、唯一親しく付き合っていた東大阪の変わり者さんの手に渡り、かなりの超期間塩漬けされていた、それがへんてこな流れで弊社に辿り着いたのが正解でしょう。番野一臣さんの琴線に触れなかった物でしょうが、私が見れば嬉しい物が沢山有るのです。評価を付けて買い取るには余りにも物が良すぎて、オークションでの評価を問うてみたいのです。ビジネスというよりも私の趣味でも有るのです。早くケリをつけて、持ち込んでくれた2ちゃんねらーのお兄さんを喜ばせたいので、8月のスペッシャルセールに洗いざらい並べます。良い値段になるはずです。

大仏1円の無目打ですが、一杯書けるネタが有るのです。対になるのが地図10銭の無目打貼の葉書です。新楠公2銭に1銭収納印+無目打10銭ペア貼 櫛型佐野堀米20.5.24、新橋スタンプが催事で100万円で売っていて、森山欽司氏が選挙区だからという理由でお買い上げ、今は郵政博物館の箪笥の肥やしになっているはずです。この切手もゲーベルです。だから無目打エラーでなくブラインドパーフだという評判ですが、手に取って見ていないので何とも言えません。大仏1円は正々堂々と世に問いたいのです。私が見る限り、目打の跡は皆無です。理屈に捉われないのなら、十分無目打で通ると思います。耳紙付が強いのです。これも姫路で番野さんが見ているはずなのですが、私は彼の意見を聞けていません。でも、身近な人には話しているかも知れませんが。

次回からも何点か、よさげな物を見せましょう。バイセルと買い取り屋さんには見せていなかった物、彼らの評価の2ケタ上での数字を出した物なのです。横浜セールの目玉品です。でも今回は一連の物以上の物も本当に一杯来ています。フロアでの3000ロットのセールを目指して、これからピッチを上げて参ります。ブログネタが一杯有るのです。真面目なテーマなのですが、【郵摸】の件は警視庁保安課とは連絡が取れてますが、総務省郵便課の公式の見解待ちなのです。超公的なマターなので良い加減な気持ちでは書けません。通関絡みでもFedEXのAEOと、HS税番49でクリアしたいことも有るし、国際物流でのEMSの事故の補償でのEMS約款の事、鑑定での切手の博物館と全日本郵趣連合の結論が違っている物への提言など丁寧にやろうとすると中々結論を出せないのです。その内タイミングを見て書いて行きたいと思います。今回のネタのように、喜んで、楽しく書ければ筆は進むのですが、他のテーマは、引用されて大丈夫な位の物を書こうとすれば大仕事なのです。私が書いていることは絶対的結論でなく、問題提起とマイオピニオンレベルの物が多いのです。引用はご自由ですが結果には責任を負いかねます。

買入屋さんのスペッシャル評価とは

今回の取引で感じたテーマが有りました。弊社の場合、徹底的に高く売って鞘を稼ぐのです。それがオークション業者のサガです。売れる値段は青天井なので面白いのです。【バイセル】さんは無知な相手を騙して儲けるでしょう。この件は機会を設けて書きましょう。上場企業として公表されている情報から読めるのです。【買取屋】さんは仕入れて儲けるです。その一端を見せましょう。主たる営業品目はあくまで、記念の額割れです。数%の鞘抜きを狙うのです。ここの場合はうまくやれていると思います。大儲けは無理でも手堅いビジネスモデルです。でも、今回の場合は、余りにも物が良すぎて扱いに困ったのでしょう。買ったところで的確な売り方を知らないと思います。でも案外複数のIDを使ってヤフオク出品をやっていたりして。東京方面の人ならば、公益財団法人オークションへの持ち込みみたいなことも有るのかも知れません。弊社の場合にも、結構それに近いお話は有るのですが、ヤフオク出品のスピードには勝てないので目に見える形では実現していなかったのです。でもヤフオクにしろ、売る際のテクニックが必要です。今回の一連の物がそうなっていればひとしきり話題になったかも知れません。

エクセルリストに数字で出ていて、トレースが出来た物を少しお見せいたしましょう。

エンタイア66通 18,700円→電報封筒 送達紙入り 明治7年、かなり早いと思います。14円00 6枚貼 1円過貼ですが、そうれを言うのは野暮でしょう。

20210618-0001

田沢 未使用84枚 24,000円→旧毛25銭銘付田型 この目打の霞罫はユニークでしょう。実は、全く同じでペアならば見たことが有るのです。誘っているのですが未だ手許には来てません。

20210618-0003

プレミア2666枚 23,480円→昭和の未使用ブロックが大部分でした。地図洩れの8B、残念ながら2枚欠けが惜しまれます。他にもよさげな物が沢山有りました。

20210618-0002

使用済3752枚 38円→査定表で一番受けたのがこれでした。@1銭を見事に切り上げているのです。波消しの万束でも同じ値段で買ってくれるのです。そこに物が有るならば、絶対にゼロにはなりません。3752枚を1枚残らず、きっちり数えてくれたのです。私は一瞥で抜きました。旧毛50銭、局は勿論KOBE2、ジャンボマージンの単片は穿孔H&SBCです。田沢の目打違いで穿孔のコンプリを目指す人、これは絶対に買わねばなりません。一度切りのチャンスかも。そして最後が大仏1円の耳付縦ペアです。40年ぶりの対面です。一連のエラーコレクションでした。無目打と書いて売りに出て、買うか買わずかをものすごく迷ったのです。出所はしっかりしたコレクター、拡大写真でも目打の跡は有りません。でも理屈が先に来るのです。ゲーベル印刷で無目打エラーは有り得ない。未使用ならパートエラーの横流れが有り得るけど、使用済は窓口で売られたシートのはず、知らずに売られる確率は低くなる。だから勝負に飛び込めなかったと思います。今回初めて現物を手にして、疑ってシゲシゲ見たのです。ブラインドパーフの跡は皆無です。だから次回セールの表紙に使います。最低値は30万で良いでしょう。

アメリカ西海岸のオークション、登場人物はハワイの和尚さん、ジャンボ後藤正義兄さん、姫路の水道工事屋さん、そして最後は番野一臣さん。40年近く経っていて、完全に記憶から消えていたマテリアルです。これ1点で今回の持ち込み品話の全てのピースが埋まるのです。オードワイユの全貼コイルの謎がいまやっと解けました。次回に詳しく書きましょう。

エクセルシートをアナライズ

本当に綺麗な明細書でした。日本切手(ごく少数の外国含む)が258行で、締めて1,642,404円、中国が128行で1,503,062円、査定額の総合計は3,145,466円です。大口なのでスペッシャルな値段を提示したと思います。ここのホームページを見ると面白いのです。パートのオバちゃんが、ピンセットで切手を1枚づつつまんで電卓を叩いている様子が見えるのです。そしてこれは嘘でなく実際にやっている事なのです。最低の買い入れ単位は1銭です。支払い時に多分切り上げるとは思いますが、実際に一覧表に出ています。日本の使用済切手=100枚で1円、20円松の波消でもそうなのです。除外品目は有りません。買い取り屋さんの日本切手に対する評価基準は3区分です。【額割れ】別納で潰します。最終的に処分できるのが記念なら85%~88%がMaxなので、逆算しての買い入れ値です。【プレミア】我々とは違う定義です。戦後の場合、額面以上なら機械的にこのカテゴリーに入ります。【その他】使用済・エンタ・FDC・みほんがこちらです。物は有っても要するに評価できる人がいないのです。無理やりにルールを作って買取品のメニューに入れています。作業をするのがパートのオバちゃんなので、社長が定めたマニュアル通りに動きます。余計な判断は致しません。だから良い物は限りなく安いのです。ゼロではないという言い訳の為のビジネスモデルです。でも全てに於いて、基本的に状態には拘りません。額割れはこの計算式でOKです。プレミア物も状態が悪いからと言って、無茶には値段は下げません。逆に言えば、状態が極美であっても査定値を上げることも出来ません。

258行エクセルの日本切手は5タイプに分かれます。A=シートの額割れ・1円~50円未満は80%、50円以上は85%です。大口買い入れの割り率を適用しています。査定額は138,708円です。B=バラの額割れ=記念も普通も一緒です。1円から1000円まで、基本的に1次円単位以降の普通、ビードロ以降の記念・特殊と小型シートが該当します。50円未満が65%、50円以上が70%です。この分の査定額が388,679円有りました。C=プレミアシートです。査定額は309,700円です。詳細は後述します。D=プレミアバラ、型価の高い単片と小型シートと切手帳です。385,822円です。E=専門評価が必要な物でしょう。銘版・CM・みほん・戦前シート・エンタ・FDC・絵葉書等です。419,495円です。これは目玉なので詳しく分析していきます。

Aの買い入れ値の数字、80%~85%はいい値段です。一瞬負けるかなと思いました。でも、チャートの額面ごとの数を見て安心できました。5円20面が166、10円20面が327、15円20面が19、20円20面が6,50円20面が2、60円10円が1です。物の出何処は殆どリタイア状態の元ディーラーです。現役の額割れ屋さんでは有りません。額面のツラで判ります。50円以上の最近の記念はゼロなのです。現行の100面シートもちらほらですが、5円・10円の20面が主体ということは、オリンピックの5+5、花すいせん、三景、まりつき~源氏あたりが多いのです。プレミアを付けては要らないけれど、もろに額割れでも有りません。トータル額面でOKです。7円100面が3シート有りました。掛け率は80%、でも、全部が【発光】だったのです。後期印刷の燐光明瞭、惜しむらくは全体に古色、シート売りはキツイかな。この状態でも1掛けの2万なら私が買っても大丈夫です。本当の額割れ品はごく一部なので、査定額138,708円の5割増しで買いましょう。208,062円です。エクセルは楽なのです、枚数を読まなくても大丈夫、表面(おもてずら)の評価を決めれば単純な掛け算で済むのです。

Bのパートも同じです。1円から1000円まで、現行の日本切手で存在する全額面が有りました。あくまで額面をメインとしたらなのですが、多い順に10円が2642、15円が1898、12円が1734、20円が1012、4円が862、5円が828・・。記念のバラは誤差位です。コイルが結構多いのです。現行のコイルも勿論額割れですが、普通切手は違います。12円の1734、甲虫しか有りません。4円は基本的にオキナエビス、他の額面も95%は普通切手です。小型シートは邪魔なのですが、気になる程は有りません。ここまで書けば判る人もいるでしょう。普通切手の無意味なブロックで、引きの為に紙に100枚貼る必要はない物です。基本的に、10BでCM又は銘付、それらの単片が掃いて捨てる位に有ったのです。12円1734枚、CMと銘付だけどどうやって売るのかな。40円の陽明門でもCM付10Bが11組有りました。有難いし面白いロットです。20円松のCMが無いのは残念ですが、美味しいバラエティーも出るでしょう。現金化に手間が掛かるという、私の都合で値段は押さえましたが、それでも査定値の2倍です。388,679円x2=777,358円と踏みました。

Cの対象は1955年以前の記念・特殊です。幸いなことに今の相場で最悪の小型シートはゼロでした。半分は観光地百選です。文通だけは別格で蒲原を1万円で踏んでいます。結構いい値段だと思います。観光・国体・文化人、そして記念は三博だけ、こちらは状態のロスを前提にしての値踏みだと思います。基本1掛けになってました。状態はさほど悪くありません。銘柄もOKです。5割増に致します。309,700円x1.5=464,550円です。

Dは不思議な品揃えでした。ボストークの図入りが1冊、状態がMixなので高くは踏んでないと思います。欲しくは無いのですが、最大口が制定で4シート、LHで4万~4.6万、郵番帳が52冊で、@700円、これを指標にして5割増に致します。385,822円x1.5=578,733円。

Eは圧倒的に銘付が多いロットです。1昭以降ですが、透かし無までの銘10、航空全般の銘付単片、面白ネタで震災10銭の使用済シートが3000円になってました。産業の100円・500円の綺麗な銘付ペアの評価は型価の15%、銘柄と状態に対してプレミアを付けていないのです。ラッキーなロットです。2倍に評価しましたよ。419,495円x2=838,990円です。

A~Eのマイプレミア額は1,225,289円です。中国と日本のエクセル評価が3,145,456円→5,367,683円になりました。でも、これはほんのの序の口。本番かこれからです。

日本の使用済は100枚で1円です。@1銭なのです。3752枚が38円になっていました。エンタイヤが66通=18,700円です。田沢各種が84枚、24,000円です。プレミアいろいろ2666枚・23480円という物も有りました。さあ。何が有ったでしょうか。次回にお目に掛けましょう。書けるネタが満載です。ジャンボな兄貴とハワイの照道和尚さん、強烈な記事になるでしょう。まさかここで40年ぶりに会えるとは。不思議な出会いに感謝いたしましょう。

中国人のビジネスパートナーの評価です。

詳細な買取評価表が有るので、商売は楽なのです。正確な数字を出しましょう。日本切手は総額1,642,394円、中国切手は1,503,062円、合計査定額3,145,456円です。これ以上でも以下でもないのです。中国から入りましょう。今朝、ビジネスパートナーから買い入れの数字の連絡が有りました。300万+だそうです。中津の買い取り屋さんもかなり真面目に仕事をしているのです。新中国の未使用は、最新の相場新聞を見ての買取なので、ほぼ本土相場の7掛けの数字です。使用済と旧中国は殆ど評価をしていません。150万を0.7で割って210万、買い取り屋さんが踏んでいない使用済と旧中国、エンタ、エラーが90万プラスになるのです。私は300万貰えるので、手数料2割ほど頂いて250万の払いです。売り主に100万追加して払います。

中国切手は、今や日本切手よりも有望商品です。日本の切手商のほぼ全てと、買い取り屋さんは100%が中国人のブローカーを使います。日本国内での流通額はコンマ以下でしょう。弊社には5人以上恐らくは10人近くから取引希望の声が掛かりました。有力どころは、JPSオークションに屯している連中です。殆どが中国出身ですが、日本語が出来、居住地も日本です。基本的に彼らは信用できるのです。無条件の信任でなく、反復継続の取引で、自然と付き合う相手が決まります。10年ほど前に大きい新中国のストックを扱ったので、彼らとの付き合い方を覚えました。直接、間接を問わず、中国切手のオファーが有れば、パートナーに連絡して、電話1本で聞かれた相手に私が買える数字を出せるのです。中国切手でビジネスチャンスに巡り合えば、迷うことなく速攻で取引が完了が出来るのは、大きいアドバンテージになっています。日本切手はだいぶ事情が違います。だからこそ私の出番が有るのです。